ザンビのネタバレを暴露!舞台あらすじ評価やドラマの内容は?

どうもイクイク星男です!
今回は2018年11月に上演された
乃木坂46、欅坂46、けやき坂46のメンバー達が共演している
「ザンビ」の舞台を見てきた感想を書いていきたいと思います。

ネタバレを含みますのでまだ舞台を見ていない方はご注意ください。
ドラマ版のザンビについても少しだけ触れます。

◆ザンビの物語について

ザンビのストーリーを簡単に一言で言えば、
「バイオハザード」みたいなものです^^;

世界はすでにザンビというゾンビのような奴が存在しており、
そいつに噛まれると噛まれた人間もゾンビ(ザンビ)になるみたいな;

それを女子高生たちが戦って解決していくという物語。

ザンビにはどんな攻撃も効かず、
銃で攻撃したとしてもそのうち立ち上がりまた襲い掛かってくるという。

しかし、脊髄を破壊すればザンビを倒せるとのこと。

まさにバイオハザードのゾンビと似ている設定ですね(笑)

ザンビのストーリー的には残酷な展開が多いです。

例えば、食糧が足りなくて配給されるパンなどを盗んだり、
生き残るために人を暴行さっ傷したりといったようなもの。

本来、純粋である少女達はこのような過酷で残酷な日常で人間不信に陥り、
もう周りや自分自身が信じられなくなります。

そんななかでも強い気持ちで逆境を乗り越えていく
メンバー達の勇気ある姿を際立たせたような物語です。

舞台の冒頭には齋藤飛鳥ちゃんの映像ででてくるのですが、
乃木坂46「真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~」
にて流れた映像とほとんど一緒でした。

◆ドラマ版「ザンビ」について

舞台「ザンビ」の千秋楽終わりに
齋藤飛鳥ちゃん主演でザンビが
ドラマ化されるという告知映像がでてきました♪

映像を見ると飛鳥ちゃんが
「ザンビの封印を解いてしまった」
「人類が全てこの世からいなくなるまでザンビの呪いは終らない」
と言っております。

封印、呪い、人類滅亡というキーワードから連想すれば、
もしかしたら「リング」や「貞子」などにも似ているかもしれませんね。

ドラマ版では舞台版のストーリーと繋がりがあるのでしょうか。
どう関連してくるのかが楽しみです。

★ドラマ版「ザンビ」を見るならHulu★
Hulu

★ドラマ版「ザンビ」を見るならHulu

◆舞台「ザンビ」を見てきた感想

僕はチームブルーとチームレッドの両方を
ライブビューイングで観てきました。

それでさっそく感想なのですが、
一言で言って普通に素晴らしかったと思います。
坂道メンバー全員の高い演技力に思わず見入ってしまいました!

とくにチームブルーで主人公を演じた
乃木坂46久保史緒里ちゃんには驚かされましたね;

最初は坂道メンバーたちに舞台を経験させるためだけ作品、
ただ悲鳴が多くなるようなだけの適当なホラー作品だと思っておりました。

しかし物語りのストーリー性や人間関係もしっかりできており、
メンバーみんながしっかりとした高い演技力で頑張っていましたね;

実際の舞台に行って見た場合は
ザンビシートと言われる
ステージに囲まれた席があるらしいです。
この席では濡れたりすごく近くで見られて
客席でもドッキリするようなことが体感できるとのこと。

今度また舞台ザンビがある場合はチケットをゲットして
実際にザンビシートで見てみたいものです。

●久保史緒里

舞台ザンビでは冒頭から主人公が独唱する場面があり、

ここで主人公の鳴沢摩耶を演じている久保ちゃんが
いきなり歌唱力や演技力の違いを見せ付けてくれました;

歌声や発声の仕方などが、
まるでミュージカル舞台を経験してきた人くらいの実力でした;

それくらい伸びやかなよく通るような歌声で
思わず聞き入ってしまうほどのレベルでしたね。

最後のほうでも主人公が
フェンシング剣でザンビを次々と倒していく場面があるのですが、
ここでも久保ちゃんは勇ましく本当の騎士のようにカッコ良くて、
もうミュージカルを観ている感じでした♪

久保ちゃんどこかのミュージカル舞台のオーディションを受けたら通るのではないでしょうか。

確か乃木坂に3期生が加入してきたばかりの頃、
まなったんか誰かが久保ちゃんのことを
「生田絵梨花と同じくらいのキャパを持っている」
とか言っていたような気がしましたが、
それは本当だと思いましたね;

さすがに本格的にミュージカルをやっている
生ちゃんにはまだまだ及びませんが、

このまま舞台の経験を積んでいけば
もしかしたら久保ちゃんのほうが
演技力が凄くなるんじゃないかってくらい
表現力があると感じさせてくれましたね。

彼女には観ているお客さんを引き込んでくれる
何か特別な魅力や世界観を生み出すのようなものを
持っているような気がします。

とにかく久保史緒里には驚かされましたし、
ヲシになりそうなくらい感動して好きになりました。

僕が初めて生ちゃんのピアノを弾きながら唄っている姿を観たときに
ビビっときたときのような衝撃的な感覚に似ていますかね;

まだ16歳という年齢を考えると末恐ろしい才能を持った逸材だと思います。

正直、生ちゃんが久保ちゃんと同じくらいの年齢の頃よりも魅力的な感じがしてきました;

ずっと生田絵梨花ヲシの自分としてはついつい彼女と比べてしまうのですが、
とにかく久保ちゃんの実力が衝撃的でしたね;

●与田祐希

チームレッドで主役を勤める与田ちゃんもあの小さい体でよく頑張っておりました。

ザンビを倒していくシーンでは剣を一生懸命に振るっていて、
まるで本当に女子高生がザンビを相手に戦っているようで、
本物の騎士に見えた久保ちゃんとはまた違ったリアルな感じがしましたね。

与田ちゃんは歌唱力とかに関しては久保ちゃんにはやはり遠く及びませんが、
演技力に関してはしっかり役になりきっていて、感情や思いがすごく伝わってきましたね。

今後も乃木坂46での活動や舞台の経験を積んでいけば、
与田ちゃんはもっと魅力的になっていくでしょうねきっと。

●山下美月

山下美月ちゃんも演技が上手くて女優としての素質がすごくあると思いましたね。

ホラーシーンでよくある驚いて怯えながら泣き叫ぶ演技が迫力あって素晴らしかったです。

さすがにセラミュとかミュージカル舞台を経験しているだけあって発声や歌唱力とかも含めて安定しておりましたね。

彼女も久保ちゃんと同じくらい素晴らしかったと思います。

●漢字欅とひらがなけやきメンバー

漢字欅のメンバーたちは初舞台にしてはよく頑張っていたと思います。

菅井友香ちゃんは普段のお嬢様らしい丁寧な言葉づかいをするキャプテンの姿とは違って、ちょっと乱暴な言葉づかいをする役をやっておりましたね。
いつもとは違ったギャップがたまらなく良かったと思います。

土生瑞穂ちゃんはザンビ化する役をやっていて、身長が高いからなんか迫力あってリアルに怖かったかも^^;

けやき坂46の齊藤京子ちゃんと柿崎芽実ちゃんも
感染してザンビ化してしまう役をやっておりました。
二人ともアクロバティックな演技を見事にこなしていて頑張っておりましたね。

だけど後で調べたらアクロバットの演技をしているのは本人達ではなく、
暗転の時に代役の人と入れ替わっていたそうです^^;
さすがに側転やバク転なんて運動神経が悪い二人はできませんもんね;
顔も本人達に似せたお面を代役の人たちが被っていたそうです。

齊藤京子ちゃんがブログで真相を語っておりました。

参照:ザンビ|齊藤京子 公式ブログ

だけど、ひらがなメンバー達は、
けやき坂46公演「あゆみ」で舞台を経験しているだけあって、
漢字欅メンバー達よりも演技をすることに慣れている感じがしましたね。

ひらがなけやきはポテンシャルの高い魅力ある子がけっこうたくさんいるのに、
世間的に見れば漢字欅に対してアンダー扱いなので目立たないのが残念ですね。

漢字欅とひらがなけやきのメンバーどうしで喧嘩をするシーンがあるのですが、
これがまたリアルにグループ間の争いにも見えましたね;

土生ちゃんときょんこちゃんが取っ組み合いしたり、
たった1年しか違わないのに偉そうに先輩面すんな!
みたいな言い合いもあったり・・・;

まあ土生ちゃんが身長高くて誰にも負ける気がしませんでしたけどね;

感想まとめ

ザンビを見ていて思ったことは、
まるで実際のグループ活動での彼女達の姿を
見ているかのような感覚に陥ったことです。

どんなに厳しくて絶望的な状況下でも
少女たちが自分達一人一人にできることは
いったい何なのかを精一杯に模索して、

お互いに助け合って生き抜いていこうとする姿が
感動的で印象に残りましたね。

幕切れの際のカーテンコールで
舞台上に出てきたメンバー達はみんな、
「この経験が自分達にとって貴重なものになる」
と口々に言っていたので、

ぜひこれからの活動に生かしてほしいものです。

★ドラマ版「ザンビ」を見るならHulu★
Hulu

★ドラマ版「ザンビ」を見るならHulu

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください